FANDOM


東方妖々夢

Perfect Cherry Blossom

東方妖々夢
開発者 ZUN
発行者 上海アリス幻樂団
発売 体験版Plus:2002年12月30日(C63)

Web体験版:2003年1月26日
完成版:2003年8月17日(C64)

ジャンル 弾幕シューティングゲーム
ゲームプレイ 1人プレイ ストーリーモード
OS Windows 98またはそれ以降のWindows
動作環境 500MHz以上のCPU, 500MB以上空きのあるハードディスク DirectX8.0, 16MB以上のVRAM, 128MB以上のメモリ

東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.(とうほうようようむ パーフェクトチェリーブロッサム -完全な桜の花、完全なる桜 通称:妖々夢)は、上海アリス幻樂団による弾幕型シューティングゲームで東方シリーズの第7作目の公式ゲームです。

これまでの作品のとおり、ゲームの舞台は東洋にあるとされる「幻想郷」であり、ストーリーの季節は5月です。

主人公は、前作(東方紅魔郷)からの博麗霊夢(楽園の素敵な巫女)と霧雨魔理沙(普通の魔法使い)に加え、前回は敵として戦った紅魔館のメイド長の十六夜咲夜から選んでプレイします。

ゲームシステム 編集

前作から引き継がれた「スペルカード」システムは東方妖々夢では大きく分けて3つの特徴(タイプ)があります。

博麗霊夢はジクザクに動くことを得意とし、ボム(スペルカード)の攻撃はやや低めです。霧雨魔理沙は攻撃力はやや高めで、速度も速めですが、射程が狭いという特徴があります。十六夜咲夜は、霊夢以上に射程が広く霊夢より融通がきく攻撃をしますが、操作に癖があり、練習を要します。

追加システム編集

東方妖々夢が前作との決定的な違いは「森羅結界」システムと「当たり判定」システムが追加されたことです。

森羅結界とは桜点+という点数が50000点を越えた状態に一定時間「結界」が形成されるシステムです。結界が形成されている間は画面に映っているアイテムを自動的に回収することができ、結果が形成されている間に敵の弾に被弾した場合やボムを使用した場合に「霊撃」を発動させるものです。自動的に回収しているときに、桜のゲージが高ければ高いほど、より多くの点を獲得することができます。

当たり判定とは、低速移動時に表示される白い点のことで、白い点に敵の弾が当たらない限り、ミスにはならないというものです。

ストーリー 編集

Main article: Perfect Cherry Blossom: Translation (includes the translated script)

「桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。」 -- 梶井基次郎 「櫻の樹の下には」冒頭より

幻想郷では人々が春を待ち望んだが、未だ冬が続いていた。春到来の兆候は未だ示されず、吹雪は更に悪化しつつあった。博麗神社巫女 博麗 霊夢は寒い日が続き疲れていたが、不自然な気象の原因を突き止めたいと考えていた。黒服の魔法使い 霧雨魔理沙は桜の花びらが暖かい家の外に落ちるのを見て春はどこか別の場所で発生しているようだと考える。紅魔館メイド十六夜咲夜は冬の物資が迅速に減少しているという事を知り、物資が尽きる前に冬を終わらせようと考えた。プレイヤーは彼女たち3人の内一人を選択し、異変を調査する事になる。

The heroine starts off her journey by heading off into the snow-covered forests in search of clues. She battles the ice fairy Cirno and the winter spirit Letty Whiterock in the forest, and the nekomata Chen in the village of Mayohiga, without any progress in her search. Finally, after defeating Alice Margatroid and her dolls, the heroine finds a lead when she notices several cherry blossoms blowing around in the sky. The heroine follows the trail of cherry blossoms high above Gensokyo, breaking through the greetings of Lily White, eventually reaching a great magical boundary and the poltergeist musicians Prismriver Sisters. After silencing the Prismriver Sisters, the heroine crosses the boundary into the Netherworld.

After fighting off several ghosts, the heroine is confronted by human-ghost gardener Youmu Konpaku. Youmu explains that she had been stealing the essence of "spring" throughout Gensokyo in order to make the Saigyou Ayakashi, a youkai cherry tree, bloom perfectly with the rest of Hakugyokurou's gardens, as per her master's orders. The heroine defeats Youmu and hurries to Hakugyokurou to get Gensokyo's spring back. Now at the end of a long journey, the heroine comes face to face with Yuyuko Saigyouji, the ghost princess of Hakugyokurou. Yuyuko reveals that she wanted to revive a certain soul that has been sealed within the Saigyou Ayakashi from before her existence. In order to break the seal, the youkai cherry blossom tree needed to bloom fully and completely. Yuyuko and the heroine wage a fierce battle, to get the last "spring" contained in the heroine needed for the Perfect Cherry Blossom, and to reclaim Gensokyo's spring, respectively. After the heroine defeats Yuyuko, the Saigyou Ayakashi starts to lose its health. However the seal has been weakened from the near-complete bloom, and the sealed soul is temporarily unleashed. The soul is actually Yuyuko's. The heroine dodges attack after attack until Yuyuko's soul is finally sealed once more.

A few days later, Yuyuko asks the heroine for a favor. The magic boundary between Gensokyo and the Netherworld was weakened by Yukari Yakumo, one of Yuyuko's friends, to make stealing Gensokyo's spring easier. Yuyuko asks the heroine to find her friend, who would be preparing for the flower-viewing event during this time, and remind her to repair the boundary. As the heroine flies closer to her destination, Chen leaps out in front of the heroine, seemingly revitalized and much more powerful. The heroine manages to defeat Chen again, but this only serves to draw out an angry Ran Yakumo. It turns out that Chen was the shikigami of Ran, and Ran is intent on making the heroine pay. Ran reveals that she is also a shikigami, and that she will not let any troublemakers disturb her master. The heroine figures that defeating Ran will get the attention of Yuyuko's friend, and after a fierce battle, Ran is defeated. Surprisingly, Ran's master, Yukari, doesn't appear, and Ran tells the heroine that she should try coming back at night, since her master sleeps less often during the night. After returning that night and defeating a weakened Ran again, Yukari emerges to greet the heroine. Yukari is quite surprised at the heroine's ability and decides to continue where Ran left off. After a vicious fight, Yukari is defeated, and quickly uses her abilities to do the heroine's request.

関連情報 編集

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki