FANDOM


東方紅魔郷The Embodiment of Scarlet Devil
Embodiment of Scarlet Devil
開発者 ZUN
発行者 上海アリス幻樂団
発売 体験版:2002年6月10日
製品版:2002年8月11日(C61)
ジャンル 弾幕シューティングゲーム
ゲームプレイ 1人プレイ ストーリーモード
OS Windows 98/SE/ME/2000/XP
動作環境 500MHz以上のCPU, 320MB以上空きのあるハードディスク, DirectX8.0, 4MB以上のVRAM, 32MB以上のメモリ

東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.(とうほうこうまきょう ジエンボディメントオブスカーレットデビル 深紅の悪魔の化身 略称:紅魔郷)は、東方Projectシリーズの第6弾として公開された弾幕シューティングゲームです。Windows OSでプレイすることができます。

これまでの作品と同様に、ゲームの舞台は東洋の土地にあるとされる神秘的な幻想郷が舞台となります。 ストーリーは、幻想郷をおおい、太陽を遮った濃い赤い霧の出現から始まり、博麗霊夢(博麗神社の巫女さん)か霧雨魔理沙(東洋の西洋魔法使い)のどちらかを選択してプレイし、行く手をさえぎる敵と戦っていくものです。 行く手をさえぎる敵を倒しながら、6つの難しいステージをクリアしていき、最終的に「紅魔館」に向かいます。

ゲームシステム編集

スペルカード編集

この作品は、それ以降の東方Projectの基礎を作ったともいえる作品で、「スペルカード」と呼ばれるレシステムが初めて導入された作品です。

博麗霊夢は攻撃は弱いですが、射程が広いという特徴があり、霧雨魔理沙は速度と力が中心のスペルカードです。主人公がスペルカードを使う場合は、「ボム」と呼ばれるものを消費することでスペルカードを使うことになります。

その他システム編集

今作では以降の作品とは異なり、Easyモードでは5面までしか行くことができず、クリアしても必ずバットエンドになってしまいます。

特定の条件を満たした状態で画面上部に移動すると、画面内のアイテムが自動的に吸収されるという「アイテム自動蒐集」システムが、今作で初めて導入されました。

ストーリー 編集

平和な幻想郷に突然、不自然で紅い霧が現れ、幻想郷の土地を覆ってしまった。紅い霧に覆われた幻想郷は、霧のお陰で太陽の光は遮られ、夏だというのに寒くなった。

  1. 主人公の1人、博麗霊夢は、この霧の原因を調査することが巫女の義務だと感じ、原因究明と事件解決に動き出します。
  2. もう1人の主人公である霧雨魔理沙は、空を飛んでいるときに何かめぼしいものはないかと探し始めます。

プレイヤーは、この2人のうちどちらかを選択して、数々の立ちふさがる敵を倒していくことになります。

主人公は霧の発生源は湖の方向にあると思い、調査に向かいます。その行く道中に妖怪のルーミアと妖精のチルノに出会います。
結局は戦ったものの、彼女たちは霧とは無関係のようでした。

次に主人公は、紅美鈴(ホンメイリン)という、紅魔館の門番に攻撃を受けますが、主人公は美鈴を追倒し、紅魔館内部への侵入に成功します。

主人公は紅魔館の中にある、薄暗い図書館に入ります。そこで魔女のパチュリー・ノーレッジに出会います。パチュリーは主人公の進行を止めようとしますが、止めることはできませんでした。

そして、廊下で人間のメイド長十六夜咲夜(いざよいさくや)に出会います。咲夜は主人公に立ちふさがります。

長旅の後、主人公は紅魔館のバルコニーでこの館の女主人レミリア・スカーレットに出会います。レミリアは吸血鬼で、日光が苦手なため紅い霧で幻想郷を覆ったのだと話します。激戦の末、レミリアは敗れ幻想郷に平和が戻ります。

数日後、レミリアが不在の間に紅魔館は混乱状態になっていました。

主人公は廊下で(ゲームの設定上強化された)パチュリーと戦います。戦いの後に、レミリアの妹、フランドール・スカーレットが現れます。

フランドールは、495年もの間この館に幽閉されていたを明らかにし、主人公に「遊ぶ」ように頼みます。そして気激しい戦いの末に、フランドールは破れます。

小ネタ編集

ゲームの最終的なボスは、レミリアであるとされています。フランドールは、余分に作られたボスでExtraステージに登場するため、Normalモード以上をクリアする必要があります。

関連情報 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki