FANDOM


プロフィール編集


Yuyuko Saigyouji

名前:

西行寺 幽々子(さいぎょうじ ゆゆこ) (♫)
Yuyuko Saigyouji

種族:

亡霊

能力:

死を操る程度の能力

年齢:

亡霊になってから少なくとも1000年以上経っている

職業:

亡霊姫

住んでいるところ:

白玉楼

人相:

  • Maroon eyes, short wavy pink hair, normally surrounded by several small formless ghosts, one carrying a cherry blossom twig. Wears a light blue and white kimono with dark blue trim, and a blue mob cap on the front of which is a hitaikakushi with a red ghost insignia.
  • (永夜抄)Same as above, except the floral designs on her dress have been replaced with clouds and moon designs. One of the spirits now carries a small blue lantern.
  • (萃夢想、緋想天)Kimono is white with dark blue trim instead of light blue with pink trim. Her hair is blonde as well.

人物関係:

出演作品:

テーマ曲:

{{{テーマ曲}}}


Yuyuko is the ghost 'princess' of Hakugyokurou, the netherworld of the "formerly-living", but was once a living human. Long ago, after her death from suicide, her body was used to place a seal on the Saigyou Ayakashi, a dangerous youkai cherry tree, to stop it from killing innocent humans. During the events of Perfect Cherry Blossom, she enlisted Youmu to find a way to make the tree bloom to resurrect the corpse buried beneath it, apparently unaware that it was her own body. Forced to abandon her plan as it would only result in her own destruction and the unleashing of the Saigyou Ayakashi's terror once again, she resigned herself to continuing her previous existence.

She has the power to invite mortal souls to death, and those souls who perish this way wind up in Hakugyokurou rather than Heaven or Hell. Though it might seem dangerous for such a whimsical, seemingly impulsive personality to wield such a terrible power, Yuyuko appears to have a strong sense of responsibility regarding her power, and never uses it recklessly or out of spite, nor does she use it as a weapon. Ironically it was this power that drove her to kill herself in the first place.

Humans fear Yuyuko because of her fearsome power and a general fear of the supernatural, but she is very cheerful and friendly. Unlike many ghosts she resembles a living human, and her playful, good-humored personality, otherworldly beauty, and courtesan charm can have a disarming effect. She often makes bizarre and apparently nonsensical remarks and sometimes seems to overlook the obvious, leading to her characterization as an airhead or a ditz. However, at other times she will reveal an extremely cunning and perceptive side and will also sometimes display an extraordinary level of knowledge. She seems to never take anything too seriously though and she loves to tease her straight-laced and eager-to-please assistant, Youmu, who is her opposite in many ways. She is also known for her incredible appetite and seems to have a food-related metaphor for any situation. Yuyuko is truly "dead and loving it."

二次設定編集

  • The characters for Saigyouji literally mean "West journey temple", and Yuyuko something like "Secluded child" or "Ghostly child." 'yuyu' (or 'yuuyuu', as in Yuu Yuu Hakusho) is reportedly the sound a Japanese ghost makes.
  • 永夜抄における発言から、有名な"腹ペコ亡霊(英語)"の伝承になぞらえて、同人誌では大食いキャラとして描かれることが多くなっています。ミスティア・ローレライ妖夢の半霊などがよく彼女のターゲットにされています。
  • 帽子にあるマークがドリームキャストのロゴに似ているということもよくネタにされます。
  • She is sometimes depicted in fan-works as having had brown or black hair when she was alive. This is because her Perfect Memento in Strict Sense entry mentions that she is said to have lighter hair color and skin tone since then.

公式設定編集

東方妖々夢 - キャラ設定.txt編集

Yuyuko Saigyouji PCB

 ○幽冥楼閣の亡霊少女
  西行寺 幽々子(さいぎょうじ・ゆゆこ)

  ラスボス、伝統ある西行寺家のお嬢様、今は亡霊の姫である。
  主に死を操る程度の能力を持つ。

  その昔、幻想郷には一人の歌聖が居た。歌聖は自然を愛し死ぬまで旅
  してまわったという。自分の死期を悟ると、己の願い通り最も見事な
  桜の木の下で永遠の眠りについた。

  それ以来その桜はますます見事に咲き誇り、多くの人を魅了し、多く
  の人が永遠の眠りについた。そうした死の魅力を持つ桜は、いつしか
  妖力を持つようになっていたのだ。


  それから千年余り経った。

  西行寺家にはいわく付きの妖怪桜「西行妖(さいぎょうあやかし)」
  がある。この桜は、幽々子がここに来てから、どんな春になっても、
  開花する事は無かったのだ。

  ある日、幽々子はいつもの様に書見を楽しんでいると、書架から古い
  記録を発見した。それには、何時の物とも分らぬ記述で、

  「富士見の娘、西行妖満開の時、幽明境を分かつ(死んだという事)、
   その魂、白玉楼中で安らむ様、西行妖の花を封印しこれを持って結
   界とする。願うなら、二度と苦しみを味わうことの無い様、永久に
   転生することを忘れ・・・」

  と書かれていた。
  幽々子は、西行妖の封印を解き、花を満開にすることが出来れば何者
  かが復活すると考え、興味本位で春度を集めることにした。

  本来、冥界に存在するものは殆ど霊体である。その為彼女は、冥界の
  西行妖の下に眠るとされる亡骸に疑問と興味を持ち、それでその封印
  を解こうと考えた。彼女は普段、人や妖怪を死に誘う事しか出来ない。
  その彼女が初めて死者を復活させようとしているのである。


  庭師の妖夢の懸命の努力により西行妖以外の桜は満開になっていて、
  西行妖も花が開きかけていた。あと一押しというところで、元々狭い
  幻想郷の春はほぼ尽きてしまう。

  そこに、僅かの春を持った人間が訪れるとは誰も予想してなかった。

  そして、残りの春を手に入れるために闘うこととなる。



  しかし幽々子は、普段の生活に安らみ過ぎた為か、はたまた、記録が
  余りに古い文献だった為か、文中にあった亡くなった娘というのが、
  自分の事だということに、最後まで気付かなかったのである。

  元々、幽々子は死霊を操る程度の人間だった。それがいつしか、死に
  誘う程度の能力を持つ様になり、簡単に人を死に追いやる事が出来る
  ようになっていった。彼女はその自分の能力を疎い自尽した。

  亡霊になってからは、生前の事等すっかり忘れ、それはもう死に誘う
  事を楽しむようになっていたのだから世話も無い。

  幽々子が転生も消滅もせずに楼中に留まっているのも、西行妖の封印
  があるためである。この結界が解けたとたん、止まっていた時間は止
  め処なく流れることになり、それは、再び幽々子の死に繋がる。自分
  を復活させることも白玉楼にいる自分の消滅にも繋がる為、復活は寸
  前で失敗するのは当然である。

  やはり幽々子は死を操ることしか出来ないのだ。

  唯一そのことを知る先代魂魄妖忌は、半分人間という性質上ゆっくり
  年を取り、妖夢に幽々子の事を伝えたつもりで消えた。

  何時までも幽々子は、冥界のお姫様として、
  死に絶えた西行寺家のお嬢様として暮すのである。

    幽々子が西行妖の開花を見ることは、決して無い。


東方萃夢想 - 上海アリス通信.txt編集

Yuyuko Saigyouji

 ○天衣無縫の亡霊
  西行寺 幽々子(さいぎょうじゆゆこ)

  種族:亡霊
  住処:冥界にある白玉楼
  能力:死を操る程度の能力

   あの世で成仏もせずのほほんと暮らす亡霊少女。いつ死んだのか、昔
  過ぎてもう思い出せない。成仏できないのは顕界に未練がある為か。

   性格は何を考えているのか判らなく、かなり困った行動を取る。真面
  目な性格の妖夢は、このお嬢様に振り回されっぱなしである。でも実は
  幻想郷の外のこの国を心から愛する愛国者である。

   生前も没後も体術の心得は余り無く、亡霊らしくふわふわしている。
  動きも全体的にしなやかに動き、曲線が多い。何を考えているのか判ら
  ないつかみ所が無い攻撃は、気が付いたらいつの間にかやられていると
  感じてしまう。


東方永夜抄 - マニュアル編集

Yuyuko Saigyouji IN

 ○華胥の亡霊   西行寺 幽々子
  冥界にすむ亡霊少女。
  死を操る程度の能力を持つ。死んでから随分経つ。
  幻想郷では死ぬと妙に陽気になる事が多い気がするのは何故だろう。
  彼女も陽気な亡霊である。
  しかも、天然なのかわざとなのか判らないような、惚けた性格をしている。
  彼女の場合、亡くなる時に何か大切な物を置いて来てしまったのでは無かろうか。

  武器は幻の蝶。とりあえず辺りかまわず発射。

    備考
    今回は妖夢と組む。
    高速移動は単独使用時のみの性能である。
    使いやすいワイドショットである。前方はほぼ全てをカバーする。
    ただ、威力面では劣る部分もあるため、その時は妖夢に切り替えてしまうといいかも。
    何にも考えていない、と言う人に。


東方永夜抄 - キャラ設定.txt編集

Yuyuko Saigyouji IN

 ○華胥の亡霊
  西行寺 幽々子(さいぎょうじ ゆゆこ)
  Yuyuko Saigyouzi

  種族:亡霊
  能力:死を操る程度の能力

  冥界に住む、亡霊お嬢様。
  霊体らしく、ちょっと地に足の着かない行動を取るので大迷惑。
  でも足はある。

  亡霊は死んだ人間の霊である。幽々子は特に何にも考えていない様に
  見えるが、誰も否定しない。好き勝手し放題だが、その死の能力は好
  き勝手使わないので、人間や妖怪に退治される事も無い。でも、心の
  奥底で幽々子に対し恐怖心を抱いている者も少なくない。


東方緋想天 - chara.html編集

Yuyuko Saigyouji

 ○天衣無縫の亡霊
  西行寺 幽々子(さいぎょうじ ゆゆこ)


  種族:亡霊

  職業:お嬢様

  住家:あの世に存在する白玉楼

  能力:死を操る程度の能力

  性格:惚けているが、余裕のある落ち着いた物腰


関連書籍より編集

東方文花帖編集

Main article: Article and Interview: Yuyuko

The article covers an incident shortly after the end of the main scenario of Perfect Cherry Blossom. The incident was about the large amounts of cherry blossoms that where appearing when the buds had yet to blossom. It was discovered that Yuyuko was the one responsible as she was "giving Gensokyo its spring back."

Aya never understands where the scattered blossoms came from and was lead in a circle during the followup interview.


東方求聞史紀編集

PMiSS yuyuko.jpg
Main article: Perfect Memento: Yuyuko Saigyouji
  • The mistress of the Saigyouji family who resides in Hakugyokurou in the Netherworld.
  • It is said that she died over 1000 years ago, so she is a spirit with an extremely unusual lifespan.
  • Impressed by her unwillingness to curse people and her ability to control spirits, she was appointed by the great Yama to manage the souls of the dead.
  • In return she was permitted eternal residence in the Netherworld.
  • She has the ability to manipulate death, meaning she can kill someone with no resistance.
  • Of course, once they're dead, she would be able to control their spirit, as well.
  • She is not different from the human in the appearance and shape.
  • She stays in the Netherworld most of the time, and if she has business in Gensokyo, she usually has one of the spirits go in her stead.
  • Her personality is so extraordinarily easygoing that it is said she doesn't remember how long she's been in the Netherworld.
  • It seems she doesn't even remember what she had for breakfast.

The Grimoire of Marisa編集

GoMSigil-Yuyuko.jpg
GoMIllus-Yuyuko.jpg
Main article: The Grimoire of Marisa: Yuyuko Saigyouji's Spell Cards
  • Insert Summary Here

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki